戦国時代をこよなく愛する激務ファミレス店長南昌幸がお届けする

ブログにお越しくださいましてありがとうございます!

スポンサーリンク

戦国時代の娯楽といえば、「茶の湯」が結構メジャーではないかな?と思います。

 

その「茶の湯」を楽しむには、簡単そうに見えてその実なかなか簡単ではないのです!

高額な指導料と、戦国武将や大名といった地位(ステイタス)が必要となりました。

「ええっつ!」「そうなの!」って感じです!

 

そんな「茶の湯」を指導する側でいちばん有名なのが、なんといっても「千利休」でした。

千利休について簡単にご説明します

千利休の似顔絵イラスト

時の権力者、織田信長公豊臣秀吉公にも「茶の湯」を指導したことで有名です。

 

千利休本人は、

北向道陳(最初の師)、武野紹鴎(術は紹鴎)に学び、茶を大成した人物です。

わび、さび

特色は、日常性を追求し、従前の四畳半に代わって二畳、一畳といった小間の茶室を採用しました。

そして、「侘び(簡素簡略の境地、創始者村田珠光)、寂び」を極めようとした所に特徴があります。

 

なんか、とっても風流な感じがしますね!「わび、さび」なんて日本人の心!って感じがします!

雑器を道具に

身辺にある茶の湯に使う雑器を、道具として取り上げることをしました。

これにより、道具の価値が格段に上がり、茶の名物、名器に関わる逸話も多く出現しました。

織田信長公の茶器へのこだわり

織田信長

織田信長公の茶器について簡単な説明はこちらから

信長協奏曲等で有名な、織田信長公と茶の湯の関係って?

名物狩

名茶器を家臣や茶人から献上させたことを指します。

今井宗久からは「松島の壺(天下三大茶壺の一つ、本能寺の変で焼失)」「紹鴎茄子」を

松永久秀公からは「九十九髪茄子(百に至らぬ物という意味)」を献上させました!

 

権力をもろに使って献上させたのです!すごい圧力だったでしょうね!

 

織田信長公から家臣へ茶の名器を与えた例

家臣も信長公から茶の名器を与えられる事を望んだようです!

こんな話があります。

茶器の価値が高い!!

滝川一益公は、甲斐(山梨県)の武田家が滅亡すると、関東の支配を任せられ、

上野(群馬県)一国を給与されます。

 

結構な恩賞を頂けていると思います!が、

茶の名器をもらうことが出来なかった滝川一益公は、非常に落胆したといいます。

 

広大な領地や支配権よりも、茶器を所望する感覚はちょっとわかりにくいかもしれませんが、

それほど茶器の価値が高まっていたことの現れですね!

その他の武将が与えられた茶器をご紹介します

豊臣秀吉公→「乙御前」

明智光秀公→「八重桜」

柴田勝家公→「柴田井戸」

丹羽長秀公→「白雲」

をそれぞれ織田信長公から与えられていました。

滝川一益公は、同僚たちだけ茶器をもらえてなんで自分がもらえないの!

という嫉妬心もあったのかもしれませんね!

スポンサードリンク

それでは、千利休の弟子10人を示す「利休十哲」をご紹介しましょう!

蒲生氏郷

がもううじさと

千利休高弟の筆頭!「文武二道の御大将」と評されました。
細川忠興

ほそかわただおき

和歌や能楽にも通じた文化人で、利休にもっとも気に入られた弟子です。
古田織部公

ふるたおりべ

利休死後は、天下一の茶人とうたわれ、豊臣秀吉公の筆頭茶頭に抜擢されます!
芝山監物公

しばやまけんもつ

 利休の書簡のうち監物あてが一番多く、また利休最後の書簡も監物宛でした!
 瀬田掃部公

せたかもん

 「掃部形」や「さらし茶巾」と呼ばれる点前を考案しました。
 高山右近公

たかやまうこん

 禁教令を出した豊臣秀吉公は右近公の才能を惜しみ、利休を使わせて棄教を促した。
 織田有楽斎公

おだうらくさい

 織田信長公の弟。利休に茶を学び、後に茶道有楽斎流を創始した。
 千道安

せんのどうあん

 利休の長男。茶の道を修め、豊臣秀吉公の茶頭八人衆に数えられた。
 荒木村重公

あらきむらしげ

 織田信長公に妻子を皆殺しにされるも、大阪で茶人として復帰を果たす。
 牧村兵部公

まきむらひょうぶ

 高山右近公の勧めを受けてキリシタンになる。朝鮮出兵の際に病死。

 

まとめ

千利休は、日常性を追求した「わび茶」で小間の茶室を採用しました。

茶器も道具として価値を高めました。

弟子もたくさんいて、その中でも高弟10人を

「利休十哲」と言いました。

 

織田信長公は、茶器の名器を集めつつ、部下に褒美として名茶器を

与えたりしていました。

 

戦国時代の娯楽を彩る「茶の湯」をご紹介いたしました!

 

子供は幼稚園で茶の湯を学んでいました。

私もぜひやってみたいものです!

 

織田信長公に興味を持たれた方はコチラもお楽しみになれる内容となっております!