京都にある二条城というお城をご存知でしょうか?

二条城 元離宮二条城 二条城二の丸御殿 二条城二の丸御殿遠侍と車寄 二の丸御殿

二条城は歴史的に見て、かなり重要なお城なのです。

そのポイントは、『徳川VS豊臣の争い』と、江戸時代終わりの『大政奉還』です。

二条城はこの2つの歴史の転換期で、重要な役割を果たしたのです。

では、詳しく紹介してきますね

 

 

スポンサーリンク

二条城の歴史

築城の目的は

徳川家康公

二条城を築城した目的は、なんと・・・

徳川家康が宿泊するため!!

江戸に住む徳川家康が京都に上洛したときの専用の宿泊先ですね。

 

それだけのために城を作るっていうのも、今の感覚からすると、凄いなって思っちゃいますけど

ね。さすが日本のトップの権力者は違います!

 

それでは二条城が出来たのはいつでしょうか?

二条城の築城はじまり

日本100名城 城 城郭 二条城 元離宮二条城 旧二条離宮 西南隅櫓入口 京都府 京都市

1601年につくりはじめ、1603年(慶長8年)3月に出来たといいますから、江戸時代初

期ですね。

場所は、大宮押小路。そこにいた町家は立ち退きを迫られました。

造営総奉行に、京都所司代の板倉勝重超優秀な裁きを魅せる名奉行)、大工棟梁に中井正清

法隆寺の屋根に上れる官位で、江戸城、日光東照宮など徳川家に関わる重要な建造物を軒並み

担当)が任命され、西国の大名(主に関が原の戦いで西軍についた方たちですね)たちに造営費

用や労務が割り当てられた天下普請でした。敗者は大変です。

関が原の戦い(1600年)が終わり、徳川家康が天下統一を果たしてしばらく後のことです。

 

徳川家康、征夷大将軍に任命される

徳川家康は、1603年に武士の棟梁としての最高権力者である「征夷大将軍」の位を

朝廷から授かり、名実ともに日本のトップの座に就きます。

その祝賀会を重臣や、公家衆を招いて、3月に祝賀の儀をこの二条城で盛大に行いました。

さらに翌月には、諸大名達も招いて、能楽なども行われ徳川将軍の権力をまざまざと魅せつ

けました。

まだ竣工間もない頃でしたので、唐門は煌めき、ふすま、天井はキラキラ輝き、

木の匂いが香り、狩野派による障壁画は息づいて見え、

とっても新鮮な状態で行われたことが想像できますね

戦国の時代も終わり、皆がちょっとホッとした気持ちで参加ししつつ、その建築にワクワクどき

どきしたのかなって思います。

 

しかし、徳川家康の前に日本を統一し治めていた豊臣秀吉の息子、豊臣秀頼はいまだ健在で、

家康にとっても、目の上のたんこぶ、無視できない存在でした。

 

そこで徳川家康は、大阪城に住む豊臣秀頼を、二条城に呼び、会見を要請します。

はじめは断ろうとする豊臣家でしたが、家康は様々な策を練り、その会見を実現します。

1611年3月のことでした。

徳川家康と豊臣秀頼の会見

二条城二の丸庭園 二の丸庭園 二条城 庭園 世界遺産 京都

当時、徳川家康69歳、豊臣秀頼17歳、おじいちゃんと孫の年齢差がありました。

家康は歴戦の強者で、老獪な実力者で、当時大御所として日本を裏から牛耳る最大権力者でし

た。

一方秀頼は、まだまだ年も若く、12年ぶりに大阪城の外の世界に出たほどでした。

この会見は、お互い大人の対応により無事に終わりますが、結果、徳川将軍家の要請

に豊臣家が応じたということで、世間的には、徳川優位との見解が広まる結果となりました。

 

会見は二の丸御殿で開かれ、2時間ほどで終わり、その後は酒やお吸い物などが振る舞われ、賑

やかな昼食会になったようです。顔は笑ってはいたでしょうが、心はどうだったか?

 

この会見で、家康は、秀頼の成長ぶりに驚き、豊臣家を滅ぼす決意をしたと言いますから、秀頼

かなり立派な青年に育っていたのでしょう。

そして、家康の決意は現実の物となるのです。

大阪冬、夏の陣

日本 関西 大阪 大阪城 大天守 歴史 伝統 文化財 建築 建築物 施設 設備 観光 観光地 観光客 見物 旅行 空 雲 青空 晴天 天気 晴れ 木 樹木 堀 水 ローアングル 無人 室外 屋外 風景 景色

1614年には、豊臣家に付く大名と徳川家側との最終決戦第一ラウンド、大阪夏冬の陣が勃発します。

この時の二条城は、徳川家康の本陣となります。

そして、翌年1615年最終決戦第2ラウンド、大阪夏の陣の最中、二条城に火をつけ、混乱の中

家康を暗殺する陰謀があることが明らかになりました。

この事件は未遂で終わりますが、きな臭い話ではあります。

 

結局この最終決戦は、両ラウンドとも徳川家側が勝利し、ここに、徳川を脅かす勢力は,一掃され

徳川家の支配が確実なものとなります。

もし二条城が人なら、やっと戦争が終わったなという安堵な気持ちで見ていたかも

しれませんね。

スポンサーリンク

徳川秀忠、家光による改修

 

1619年、2代将軍徳川秀忠は、娘を天皇に嫁がせる準備のため、二条城の改修を行いま

した。この時、築城名人の藤堂高虎(築城3名人の一人)と一緒に考えたといいます。

 

その後、1624年、3代将軍徳川家光の時、天皇の行幸(外出)先を二条城にて迎えるため

に、さらに大改築を行います。この時伏見城の天守を移築したり、拡張したりしています。

 

そして、1626年5日間に渡って能楽、蹴鞠、和歌、乗馬、能楽といった会が催されて盛り上

がりました。この時が、二条城として一番華があった時代と言えるでしょう。

 

1634年に家光が30万の兵を連れて二条城に入城して以後、二条城は将軍の宿泊地としての

も使われなくなり、歴史の舞台から消えます。

お役目御免です。

 

二条城不遇の時代

次にスポットライトが当たるのは、幕末の動乱期です。それまで230年間、不遇の時代を

送ることになります。

1750年には落雷があり、伏見から持ってきた天守は焼け

1788年には町の火事の飛び火により、本丸御殿が焼失します。

しかし、幕府の政庁としても使用されていなかった二条城は、全く再建されず

修理を施されるくらいで不遇の時代を越え、幕末を迎えることとなります。

14代将軍徳川家茂でちょっと復活

1863年、14代将軍徳川家茂は、孝明天皇(明治天皇の父)の妹和子を妻にもらいます。

妻の兄である天皇に、攘夷(外国を排除する考え、行動)の約束をするために上洛するのですが

が、この時に備え、二の丸御殿が大幅に改修されます。

二条城、良かったね!

その後、家茂は病気で21歳の短い生涯を終えます。あらら。

最後の将軍徳川慶喜による大発表「大政奉還」

二条城二の丸御殿大広間 二条城 二条城二の丸御殿 二の丸御殿 大広間 二条城二の丸

次の将軍は運命の15代将軍徳川慶喜。

1866年、二条城で征夷大将軍の宣示を受けます。

しかし翌年1867年10月には徳川慶喜による大政奉還が二条城二の丸御殿大広間(将軍が座

る一の間48畳、大名たちが並ぶ二の間44畳で相当広いです)で発表されます。

大政奉還とは、日本の政権を将軍から天皇に返す事を決定、発表した事件のことです。これは、700年ほど続いた武士による政治が終わったという事実であり、日本の歴史の中でも相当大きな出来事です。そんな舞台に二条城は立ち会っていたのです。二条城が人だったならば、どんな気持ちで眺めていたのだろうか?って勝手に妄想しちゃう自分がいます汗

徳川家康により築城された二条城は、徳川家由来の建造物でありましたが、

徳川慶喜の大政奉還の大発表により、その手を完全に離れたと言えるでしょう。

さよなら徳川さん!二条城とお別れです。

近代の二条城

その後の二条城は、京都府庁舎になったり、大正天皇の即位の儀式の場所になったり、

日本100名城に選ばれたり、将棋の電王戦が行われたり、様々な事がおこり、

現在に至ります。

なにげに忙しくしていますね!

良かったです。

あとがき

今は修学旅行や京都旅行の定番になっている二条城。

こうした歴史を紐解くと、様々な事件が二条城付近でおこり、乗り越えてきたんだなと

建物なのですが、人間みたいに感情移入してしまう自分がいました。

是非これからも健在で、日本の歴史を見つめ続けてほしいなと願わずにはいられません。

これからもよろしくお願い致します!

最後に二条城のアクセスを簡単に

所在地 〒604-8301 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
TEL 075-841-0096 FAX 075-802-6181
交通機関

電車

JR京都駅から

地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」から地下鉄東西線に乗り換え
「二条城前駅」下車

市バス 9・50・101号系統  ⇒ 「二条城前」下車

阪急 烏丸駅から

市バス 12・101号系統 ⇒ 「二条城前」下車

阪急 大宮駅から

タクシー,約5分

京阪 三条駅で地下鉄東西線「三条京阪駅」に乗り換え

「二条城前駅」下車

自動車

名神高速道路 京都東ICから,約30分  京都南ICから,約30分

駐車場
(二条城の来城者用駐車場です)

二条城駐車場運営状況

○第1駐車場(二条城東側)

 営業時間 8:15~18:00※1
 (バスのみ18:00~翌8:15夜間駐車可※2)

 収容台数 バス 11台※3 乗用車 120台
         10月のみバス 20台※3 乗用車 34

 駐車料金 バス 2時間まで 
      予約がある場合 2,500円,予約がない場合 3,000円
         
      以降1時間ごと 500円(夜間駐車2,500円)
 
      乗用車 2時間まで1,000円 以降1時間ごと 200円

○第3駐車場(二条城南側)

 営業時間 8:15~18:00

 収容台数 乗用車 20

 駐車料金 2時間まで 800円 以降1時間ごと 200円

○駐輪場(二条城南側)

 営業時間 8:15~18:00※1

 収容台数 バイク10台 自転車83台

 駐車料金 バイク 2時間まで 400円 以降1時間ごと 200円

      自転車 2時間まで 200円 以降1時間ごと 100円

地図