い暑い夏が今年もまたやってきました!

現代の夏のキーワードといえば、かき氷、ひまわり、クーラー、

プール、海、冷やし中華、カブトムシ、夕立、雷、ひと夏の恋、

夏祭り、夏休み、宿題、甲子園、お盆、、、とた~くさん出てきますね!

戦国の夏、日本の夏

では、戦国時代の夏はどうだったのでしょうか?

まず、気温は現代よりも2~3℃ほど低かったようです。

それでも暑いにはかわりありません。

 

ちょっとジャンル分けしてみましょう!

ざっくり分けると1食べ物、2気候、3イベント、4生活

ですかね。

それぞれについて見ていきたいなと思います。

1食べ物!

かき氷 かきごおり 夏 氷菓子 涼 夏休み

戦国時代の武将たちは夏に何を食べていたのでしょう?

氷菓子はあったのでしょうか?

これは、ズバリあったようです。

 

古くは平安時代からあったようです。

富士山などの万年氷を運搬するという方法を用いていました。

保管方法は、氷室という小屋に天然氷を溶けないようにいれていたようです。

とても手間がかかるので、民衆はとてもじゃないけど手が出なかったようです。大名レベルしか食べれない超高級品です。

冷蔵庫の便利さがとてもわかりますね。

2気候

戦国時代では、干ばつ、冷夏、長雨と大規模な自然災害が次々と

日本を襲いました。

とは言え、四季がある日本国、夏は暑かったです。

風通しの良い屋敷や、氷菓子、お風呂などで夏を過ごしていたのでしょう。

因みに家のお風呂は蒸し風呂(サウナ)でした。

釜で湯を沸かし、湯気で垢を落とし、かけ湯で流していたといいます。

風呂でさっぱりして、城の御殿で夕涼み月の明かりでお酒なんぞ。

良い酔い。戦国武将・戦国大名たちの日常

夕立なんかもまた、風流です。

雨の音、涼し気な風、激しく降る雨、その後の虹、葉を滴り落ちるしずく、

虫の声、、、。想像しただけですごく満たされた気持ちになります。

みなさんも想像してみませんか?

3イベント

最大のイベントと言えば夏祭りですよね。

民衆レベルでですと、

今みたいに屋台が並び、ゲームしたり、食事したりして楽しむっていう

スタイルではありませんでした。

農村部では、農作業の疲れを癒そう!という目的ですし、

都市部では夏季の疫病を封じ込める為だったりしました。

生きるために必要なお祭りだったのです!

特に、飢饉が結構頻繁にあったこの時代、本当に命がけの祭りだったでしょう!

ただ、武将たちに置いては、今のスタイルに近いようです。

織田信長公などは、女や、弁慶、餓鬼や地蔵に扮して、踊りを踊り楽しんだりしていました。

現代でいう、コスプレですね!

こうやって、日頃のストレスを発散していたのでしょう。

スポンサーリンク

4生活

夏を音で彩る「風鈴

北条氏が治める小田原では、この戦国時代に風鈴づくりが始まったといいます。

スズと銅を合わせた砂張(さはり)と呼ばれる金属を用いました。余韻が長く風鈴に適していました。

きっと、様々な顔を見せる天気を見ながら、紫陽花の花を眺めながら、風鈴の音を聞きながら、夏を過ごしていたのでしょう。

風流ですねえ。

私達の祖先は、本当に良い文化を残していただいてると思います。

私達も次の世代に繋げられたらなと思います!

皆様も、戦国時代に発祥を持つもので。風流なものが有りましたら

教えてくださると嬉しいです。

夏 夏の日 夏イメージ 風 涼 涼しい 涼しげ 風情 日本の夏 木漏れ日 木 木の葉 葉 葉っぱ 庭木 風景 自然 緑 グリーン そよ風 揺れる 涼む 庭 背景 バックグラウンド 壁紙 和 和風 リラックス リラクゼーション なごむ なごみ やさしい 落ち着く 休息イメージ さわやか 風鈴 ふうりん 小物 雑貨 背景素材 コピースペース テキストスペース ポストカード 暑中見舞い メッセージカード 音色 夏の風物 軒下 金属製 すだれ 情緒 鳴る よしず キラキラ 光 夏のイメージ

まとめ

今のように電気はなく便利なものはないかもしれませんが、

智慧で夏を過ごす方法をみんな行っていたようですね!