朕は、開国はしない!鎖国攘夷を貫き通す!野蛮は嫌いだあ!

孝明天皇

引用:Wikipedia

Quiz?

明治天皇の父親で、初代首相、伊藤博文に暗殺されたという噂がある、幕末に21年間在位した天皇と言えば?

Answer!

孝明天皇!」デス。正解です!

 

「孝明天皇」は、外国から黒船が迫りくる日本において、最後まで幕府中心、鎖国(外国と貿易しない)攘夷(外国を排除する)を貫き通した天皇です。

軸がぶれないこの天皇がいたからこそ、相対する対抗軸の新政府(伊藤博文首相など)が強くなり、明治維新を成立できたとも言われています。

明治三傑(西郷隆盛など)にも十傑(岩倉具視など)にも選ばれませんが、ある意味、明治維新に無くてはならない存在だったんだと思います。

関ヶ原の戦いで、徳川家康に対し、石田三成がいたから江戸幕府を開けたのと同じように、、、。

 

今回は、そんな頑固の人、孝明天皇にスポットを当て、どのように明治維新成立まで影響を与えたか?どのようにして伊藤博文に暗殺されたのか(噂)?などを見てみたいと思います!

孝明天皇暗殺説!

いきなり最期からお話しましょう!

定説

孝明天皇

定説としては、

12月の寒い折、風邪気味だった孝明天皇は、無理を押して神事に参加し翌日発熱します。

周囲の医師たちの診察、投薬など、必死の看病にもかかわらず、状況は良くならず、天然痘と診断された後は、15人の医師たちによる、24時間フル体制の治療が始まります。

しかし、その努力虚しく、12月25日の午後11時に35歳で亡くなられました。

とされています。

伊藤博文暗殺説

伊藤博文

引用:Wikipedia

一方、暗殺説とは?

政治的に、孝明天皇は、開国はしない!外国は嫌い!というお考えでした。

なので、外国を見てきてその文化や技術を取り入れる必要性を感じていて、幕府は必要ないと考えていた伊藤博文にとって

孝明天皇は、邪魔者でしたといいますか、その考え方を排除したかったのです。いなければ一気に倒幕へ話を進められるのに!

 

そこで、事を進めるため、孝明天皇の暗殺を実行したっていうわけです。

動機はありますね。

 

この噂のきっかけは、伊藤博文を暗殺した安重根が、伊藤博文が孝明天皇を暗殺したと書に記しているところから来ています。

孝明天皇を伊藤博文が暗殺し、伊藤博文を安重根が暗殺する。

もし本当ならば、なんとも物騒な時代ではあります。

他の説

岩倉具視

引用:Wikipedia

他にも、岩倉具視(維新十傑の一人、新政府側の人間)の手の者による毒殺説。

12月5日(発熱する約1週間前)幕府側の徳川慶喜が15代将軍になり、幕府側有利で、新政府側がちょっと不利になりつつあったタイミング的にもドンピシャです。

新政府の起死回生の一手として、行われた可能性もあります。

孝明天皇が亡くなることにより、公武合体策(幕府と朝廷が手を取る策)が急速に弱体化して行くことになります。

いずれも確固たる証拠はありませんが、火のないところに煙は立たずで、可能性はありそうです。

 

まあ、そんなこんなで孝明天皇、幕末の開国だ!倒幕だ!って日本中が騒いでいる時期にお亡くなりになります。

 

なぜそこまでして外国を嫌ったのでしょう?

孝明天皇の開国拒否

孝明天皇はこのように考えていました。

開国そのものが国の恥であり、認められない」と!

プライドが相当高かったのでしょう。

羞恥心もかなり強かったのでしょう。

 

その証拠に、大老井伊直弼が孝明天皇の了解を得ず、アメリカと日米修好通商条約(開国を認める約束)を結んでしまったときなど、

相当かなり怒り心頭で、

怒り心頭過ぎて、幕府を通さずに直接幕府の部下である大名(水戸)に命令しちゃった程です。

大の長州嫌い

そして孝明天皇は、長州をお嫌いでした。

なぜって?

簡単に言えば、過激な長州藩士が孝明天皇の部下である公家たちをそそのかし、公家たちは勝手に孝明天皇の名前を使って政治を動かそうとしていたからでしょう

自分の軸がしっかりと持っていた孝明天皇からすれば、「何勝手にやってるんだ!」てなるでしょう。

 

結局、お亡くなりになるまでこのプライドを貫き通されたのを見ると、ある意味男だったのかも知れません。

※この孝明天皇のプライドのために、長州藩は多大な苦難(京都を追われ、朝敵にされ、多数の死傷者を出す)を被っています

その仕返しが孝明天皇暗殺につながっているという見方もあながちあり得るのかも知れません。

明治天皇すり替え事件、孝明天皇の子供は明治天皇ではない?

明治天皇

引用:Wikipedia

さらに明治天皇がすり替えられたっていう噂もあったりします。

定説では、孝明天皇の子供は明治天皇です。

これは常識です。

でも、これが違うっていうんだから歴史って怖いです。

伊藤博文が孝明天皇を暗殺し、その子供の明治天皇をも暗殺し、伊藤博文の子飼いで、後醍醐天皇(南朝)の子孫である長州藩士、大室寅之助にすり替えちゃったっていうのです。

皇族の方をそんなことまでできちゃうんだあってちょっと想像しがたいですが、即位前と即位後の明治天皇の顔や痘痕、利き手が違う、字体が違う、体格が違う、などの証拠になりそうなことも出てきています。

 

もしそうだとしますと、即位後の明治天皇は、伊藤博文の言いなりで、さらに事を上手く進めることが出来たっていうことです。

伊藤博文は、そこまでしても、日本を近代国家になんとか仕立て上げたいっていう思いが強かったのでしょう!

まとめ

日本の幕府にならびトップの立場の人間である孝明天皇が、開国を許さない!それは恥だ!っていう美学が

開国派を奮い立たせ、開国派の伊藤博文に過激な行動を取らせたとなれば、それが真相ならば、孝明天皇は

明治維新を離陸させるために、必要悪って感じといえましょう!

まあ、本当の事は誰にもわかりませんけどね。

今の平和な世の中があるのも、彼らの紆余曲折があった上に成り立っているものだと思うと、感謝の気持ちしかありません。

「ありがとう!」