2020大河ドラマ「麒麟がくる」第1話のあらすじ【ネタバレ注意】

 

さあ「麒麟がくる」記念すべき第1話目をお伝えしたいと思います!

この記事をご覧になったあとさらにドラマを観ていただければ、かなり理解が深まること間違いないです!

★他に色々と麒麟がくる関連の情報も随時更新していきますので良かったらこちらもご覧ください。

より麒麟がくるの事が詳しくなること請け合いですよ。

【最新版】2020年大河ドラマ麒麟がくる確定キャストと予想!

大河ドラマ「麒麟がくる」ネタバレまるごとまとめ!明智光秀記事一覧(随時更新)

スポンサーリンク

 

見逃した方や、もっと何度もみたいなって思う方にはこちら

 

第1話を見逃してしまった方はこちら

放送終わってからすぐに見ることが可能な「麒麟がくる」31日間限定見放題は、

画像が良くスマホでも見やすいUーNEXTに登録後NHKオンデマンドのNHK見逃し見放題パックがおすすめ)

大河ドラマを見逃し時見放題で!動画配信は高画像と外出視聴でU-NEXT!

テレビ番組・大河ドラマ見逃時見放題U-NEXT登録手順!

⬇      ⬇      ⬇



大河ドラマ「麒麟がくる」基本情報

名称:2020年大河ドラマ「麒麟がくる」第1回(初回拡大放送75分)

★放送日:

〇総合:2020年月19日(日)20時~

NHKBSプレミアム:2020年月19日(日)18時~(1回は17時30分~)

NHKBS4K:2020年月19日(日)9時~

再放送:

〇総合:2020年月25日(土)13時5分~

BS4K:8時~

大河ドラマ「麒麟がくる」第1話「光秀、西へ」のあらすじ

知将、謀反人、善き為政者、といくつもの顔を持っていいる明智光秀は実際のところどんな男だったのでしょう?

そして明智光秀が追い求めていた「麒麟」とは?

それを探す旅がいよいよ始まろうとしています!!

 

物語は1547年からスタートします。

明智光秀が20歳の若武者だったころからの始まりです。

 

戦国ビギニングの大河「麒麟がくる」!英雄達の年表比較!

 

鉄砲との出会い

足利将軍家から任命された守護大名、土岐家が治めていた美濃(現在の岐阜県)に明智光秀、青年時の名前「明智十兵衛」はいました。

足利幕府がだいぶ衰退し、各地は混乱を生じていた時期。

明智十兵衛が住む明智荘(あけちのしょう)も野盗たちから狙われていました。

その野盗の頭領が放った鉄砲!

その威力に圧倒された明智十兵衛でしたが、この先その鉄砲の技術を身に着けて名人となっていくだろうきっかけになったのでしょう。

 

鉄砲を手に入れるため西(京、堺)へ!

時は流れ、美濃は斎藤利政(道三)という油売りから成りあがった男が土岐家に代わって支配していました。

明智十兵衛は当主である斎藤道三とは甥と叔父の関係であり、また道三の息子義龍とは学友であり、目通りすることが可能でした。

※明智十兵衛の父親と道三の奥さん(小見の方)は兄妹でした。

そこで訴えたことが「堺(大阪)で鉄砲を手に入れ」「道三の妻(十兵衛からみて叔母)の病を治すために名医を京から連れてくる」ために他国を旅させてほしいと願い出たのでした。

ようやく許しを得た十兵衛は、母の牧に話をし、家柄は低くとも武士の家を亡き十兵衛の父代わりに守ってきた牧は十兵衛の身を案じながらも旅支度をしてくれるのでした。

堺の賑わいぶり!

美濃の風景しか知らない明智十兵衛が見た堺の町は大勢の人が行きかい、南蛮人が異国の言葉を話し、曲芸を見せる大道芸人の一団、などなど活気がみなぎっていました。

ここで十兵衛は鉄砲を手に入れることになるのですが、はじめは田舎から出てきた若造と相手にしてくれませんでした。

しかも美濃の斎藤道三を成り上がりの田舎大名とののしられる始末。

そんな時幕府に仕える三淵藤英が出てきて試し撃ちを見せてくれます。

その威力に度肝を抜かれる十兵衛。

喉から手が出るほど欲しいのですが、店主からは入手するまで数か月もかかるといわれる始末。

そこに現れたのが戦国の梟雄(残忍で強く荒々しい人)松永久秀でした。

松永久秀との出会い

彼は美濃を牛耳っている斎藤道三を憧れていて、十兵衛に対して好感を抱いていたようで、後で鉄砲を手に入れてやる!といいます。

その後十兵衛は松永久秀と、宿で酒を酌み交わしながら将軍足利義輝のことや、久秀が仕えている三好長慶のことなど様々な話を久秀から聞きますがそのほとんどが初めて聞くことばかりで興味は尽きません。

足利義輝の歴史に残る最期とは?剣豪将軍の壮絶人生を簡単年表で!

酒に飲まれ酔いつぶれた十兵衛が朝起きると金が入った袋が消え、代わりに鉄砲が置いてありました。

十兵衛は奇跡的に鉄砲を手に入れることが出来たのです!

荒廃した都

鉄砲を手に入れた十兵衛は次なる目的、「名医を探す」ために京へ足を運びました。

しかし京は度重なる戦の影響で荒廃し、飢えたものやケガ人でかつての栄華はなく、目も当てられないような状況だったのです。

大河ドラマ「麒麟がくる」第1話の見どころ

まずは明智光秀のさわやかな衣装と切れのあるまなざしを実際の放送でじっくりと見たいところです!

 

そして早速登場する戦国初期のつわもの達の存在感を存分に楽しみたいですね!

斎藤道三、松永久秀。

当時の癖のあるが相当高いエネルギーを持った武将たちです!

その二人と明智十兵衛の掛け合いがまずは最大の見どころとなってくるでしょう。

 

スポンサーリンク

以下はネタバレも含みますので視聴にはご注意ください

第2話あらすじ「道三の罠」

明智十兵衛光秀は京都で出会った医者、望月東庵とその助手、駒と一緒に美濃に帰国しました。

国内は隣国尾張の織田信秀が2万の兵で攻め込んでくるということで、ピリピリ張り詰めた状況。

十兵衛は堺と京都の出来事を主君、斎藤道三に報告し、鉄砲を渡しました。

東庵は当主斎藤道三の妻、小見の方の治療に向かいました。

後から十兵衛も小見の方の館に向かうと、道三と小見の方の娘、十兵衛の従妹の帰蝶に出会います。

 

その後、旅の費用の半分を道三に請求される代わりに侍大将の首2つを獲らざるを得なくなった十兵衛は、織田信秀との戦に出陣します。

意気込む十兵衛に急遽退却の鐘が打ち鳴らされます。

この道三の決定に十兵衛もびっくりですが、ほかの兵士や家臣たちからも不満が出てきました。

城にこもって籠城をするという作戦でしたが、明らかに不利なことは火を見るよりも明らかでした。

しかしこれは実は道三の計らいでした。

 

さらに道三は酒盛りを開催。この飲み物が酒ではなく水であり、織田軍を油断させ陥れるための策でありました。

この作戦がまんまと成功し、酒盛りを始めた斎藤軍に戦意なしと判断し退却し始めた織田軍を追って、徹底的に叩きのめしていくのでした。

斎藤道三側と織田信秀側の駆け引きがどう演じられていくのかが楽しみですね!!!

スポンサーリンク

大河ドラマ「麒麟がくる」 1月19日第1話の感想

ついについについに!!!

待ちに待った第1話がスタートしましたね!!

待ちわびすぎましたあ。

かれこれ2年前から期待していましたからねえ。

第1話はこれからの物語をめちゃくちゃ想像を掻き立てる内容となりました。

でも一方で冷静な目で分析している自分もいました。

 

今回の内容を自分なりに感じた内容をお伝えしたいと思います!

 

キャスト紹介の字

細かいところですが、冒頭のキャスト紹介の字体がなにか昔の時代劇っぽいなあて感じました。

これは何を意図としているのか分かりませんが、令和ですが昭和にタイムスリップした気分になりました。

「ザ時代劇」という印象を受けたのは私だけではないのでしょうか?

ちょっと違和感がありましたがそのうちに慣れるでしょう!

衣装のカラフルさ

予告映像とかも見て感じていましたが、衣装がカラフルで華やかで見ていて心が明るくなります!

本来の戦国時代も衣装は色を多用していると聞いたことがありますが、当時を想像するとみんなおしゃれだなあって思います。

明智十兵衛は爽やかだし、斎藤道三は渋い感じで、松永久秀は歌舞いているって印象でした。

農民たちもみんな色とりどりでわくわくしましたねえ!

カメラワークのアイデア

殺陣のシーンが冒頭からあり、引き込まれました!

そしてそのカメラワークが素晴らしいなと思いました。

例えば、泥が跳ねるところでは、自分がまさにその現場にいるかのように感じさせてくれたり主観で見ることが出来ました。

まるで戦国時代に生きているかのように!

またドローンを活用しているということで、明智庄を上から眺める景色は素晴らしいと感嘆しました。

日本の景色の美しさを再認識しました。

 

斎藤道三(本木雅弘)の演技

声がかすれていてちょっと聞き取りにくかったですが、貫禄は100点満点!!

髭と衣装がさらにカッコよさを増していましたね。

途中、十兵衛が旅へ行くメリットを話した後に笑う場面がありましたが、少々不自然でしたが、あの笑い方は貫禄がありましたね!

明智光秀(長谷川博己)の演技

得体のしれない「明智光秀」を意識して演じられているとおっしゃっていましたが、まさにそんなイメージでした。

自由であり、真剣であり、コミカルであり、カッコよくもあり、様々な面を見ることが出来ました。

どれが本当の光秀が分かりませんが、等身大の明智光秀を熱演していただいてるなって本当に感じました。

今後が楽しみ!!!

脚本もいいぞ!

鉄砲をめぐって辻やに明智光秀、三淵藤英、松永久秀が集まるくだりはとっても熱くなりました。

松永さんも強面部分と面白部分が垣間見えて期待大デス!

光秀と久秀の仲はこれからも随所に出てきそうな予感!

ナレーションも自然!

海老蔵さんのナレーションもインパクトはそれほどありませんが、安心感があって自然と麒麟がくるに溶け込んでいるかなって感じました。

なにかしら海老蔵さんならではな言い回しとかがあったりすると楽しいですが、ちょっと今後に期待しよう。

 

大河ドラマ「麒麟がくる」 1月19日第1話の視聴率は?

 

アルタイム視聴率:19.1%

出だしとしてはなかなか高め!

「西郷どん」よりも4%高い。

これからが楽しみな戦国大河です!

全話の視聴率をご覧になりたい方はこちらを!⬇

麒麟がくる視聴率を追え!みんなで応援しよう!!

 

大河ドラマ「麒麟がくる」まとめ記事

★より色んな情報を取り揃えました。

下の記事も是非ご覧くださいね⬇⬇

大河ドラマ「麒麟がくる」ネタバレまるごとまとめ!明智光秀記事一覧(随時更新)