2020大河ドラマ「麒麟がくる」第2話のあらすじ【ネタバレ注意】

 

「麒麟がくる」第2話目をお伝えしたいと思います!

この記事をご覧になったあとさらにドラマを観ていただければ、かなり理解が深まること間違いないです!

★他に麒麟がくる関連の情報も随時更新していきますので良かったらこちらもご覧ください。

より麒麟がくるの事が詳しくなること請け合いですよ。

大河ドラマ「麒麟がくる」ネタバレまるごとまとめ!明智光秀記事一覧(随時更新)

スポンサーリンク

 

見逃した方や、もっと何度もみたいなって思う方にはこちら

 

第2話を見逃してしまった方はこちら

放送終わってからすぐに見ることが可能な「麒麟がくる」31日間限定見放題は、

画像が良くスマホでも見やすいUーNEXTに登録後NHKオンデマンドのNHK見逃し見放題パックがおすすめ)

大河ドラマを見逃し時見放題で!動画配信は高画像と外出視聴でU-NEXT!

テレビ番組・大河ドラマ見逃時見放題U-NEXT登録手順!

⬇      ⬇      ⬇



大河ドラマ「麒麟がくる」基本情報

名称:2020年大河ドラマ「麒麟がくる」第2回

★放送日:

〇総合:2020年月26日(日)20時~

NHKBSプレミアム:2020年月26日(日)18時~

NHKBS4K:2020年月26日(日)9時~

再放送:

〇総合:2020年 2月1日(土)13時5分~

BS4K:8時~

南昌幸のワンポイント見どころ

謎の知将、明智光秀のオリジナルな人生大河ドラマ「麒麟が来る」主人公・明智光秀まとめ!

庶民の目から見た戦国時代戦国時代の生活あれこれ

豪華キャストによる生き生きとした登場人物描写【最新版】2020年大河ドラマ麒麟がくる確定キャストと予想!

本能寺の変へ向かうまでの様々な伏線本能寺の変の真実とは?智将明智光秀が下した決断の理由!

大河ドラマ「麒麟がくる」第2話の見どころ

〇合戦シーンは今回も見どころ!新たな仕掛けや新たな武器も登場してよりリアルに当時を想像することが出来ます!

〇斎藤道三がマムシといわれるのが納得するような出来事が起きます!それは???

〇帰蝶の美しさが際立ちます!

〇戦争中の兵士たちの細かな所作や戦時の過ごし方を見ることが出来ます!

 

大河ドラマ「麒麟がくる」第2話「道三の罠」のあらすじ

 

物語は1547年からスタートします。

明智光秀が20歳の若武者だったころからの始まりです。

 

戦国ビギニングの大河「麒麟がくる」!英雄達の年表比較!

 

明智十兵衛光秀は京都で出会った医者、望月東庵とその助手、駒と一緒に美濃に帰国しました。

国内は隣国尾張の織田信秀が2万の兵で攻め込んでくるということで、ピリピリ張り詰めた状況。

十兵衛は堺と京都の出来事を主君、斎藤道三に報告し、鉄砲を渡しました。

 

東庵は当主斎藤道三の妻、小見の方の治療をしているところに

後から帰蝶の命令により十兵衛も小見の方の館に向かうと、道三と小見の方の娘、十兵衛の従妹の帰蝶に出会います。

 

その後、旅の費用の半分を道三に請求される代わりに侍大将の首2つを獲らざるを得なくなった十兵衛は、織田信秀との戦に出陣します。

意気込む十兵衛に急遽退却の鐘が打ち鳴らされます。

この道三の決定に十兵衛もびっくりですが、ほかの兵士や家臣たちからも不満が出てきました。

城にこもって籠城をするという作戦でしたが、明らかに不利なことは火を見るよりも明らかでした。

しかしこれは実は道三の計らいでした。

 

さらに道三は酒盛りを開催。この飲み物が酒ではなく水であり、織田軍を油断させ陥れるための策でありました。

この作戦がまんまと成功し、酒盛りを始めた斎藤軍に戦意なしと判断し退却し始めた織田軍を追って、徹底的に叩きのめしていくのでした。

 

その後、帰蝶が嫁いでいる土岐頼純のもとに道三が赴き、お茶を振る舞う振りをして毒殺を図ります。

頼純が裏で織田家とつながっていたからです。

※明智十兵衛の父親と道三の奥さん(小見の方)は兄妹でした。

スポンサーリンク

大河ドラマ「麒麟がくる」 1月26日第2話の感想

マムシこと斎藤道三がとにかくしびれました!!

声質がかすれているのでなかなか聞き取りにくかったですが、それがまた存在感をアピールしています。

表情も豊かで、「眉」「舌」「目」「姿勢」とすべてにおいてオリジナル性があるようで見入ってしまいました。

外敵織田家はもとより、身内にも敵が混在するような少しも安堵出来ないような状況の中、自分の策や考えを信じて時を待つ姿はただの成り上がり人とは全く見えず、苦労人というオーラがすごい出ていました。

それを本木さんが見事に演じられてもう、卒倒しそうでした。

唄を謡いながら毒殺をするところなどちょっと尋常じゃないシーンもなにかかつてのギャング映画を彷彿させるような想いにかられました。

いともあっさりと葬るその手際の良さと周りの静けさにゾッとしました。

これが戦国時代かと改めて思った次第です。

次回の「美濃の国」も楽しみです!!!

 

大河ドラマ「麒麟がくる」 1月26日第2話の視聴率は?

 

アルタイム視聴率:  17・9%

前回よりはポイント落としましたが依然として高めの視聴率をキープ!

西郷どん2話よりも2%ほど高めで推移しています!

全話の視聴率をご覧になりたい方はこちらを!⬇

麒麟がくる視聴率を追え!みんなで応援しよう!!

 

 

大河ドラマ「麒麟がくる」まとめ記事

★より色んな情報を取り揃えました。

下の記事も是非ご覧くださいね⬇⬇

大河ドラマ「麒麟がくる」ネタバレまるごとまとめ!明智光秀記事一覧(随時更新)