Pocket

のし」の由来が「アワビ」にあるって聞いてどうにも自分の中でつながりませんでした。

 

のし」は、本来「お祝い事」の時に、お金や品物を包んで渡す時に使われますよね。

贈り物を買うと聞かれる「のしつけますか?」の「のし」です。

現代の「のし」はどうなってる?

のしあわび

画像の右上にある赤い⭕の中を見てください。

赤い袋に包まれている物。

ありましたありました!

ここに「のしあわび」がありました。

なぬっ!「のしあわび」?

アワビ」は分かりますよ。

アワビ」といえば、海で取れる高級品っていうイメージです。

鮑 あわび アワビ 刺身 ソテー 海産物 おいしい 貝 生 フレッシュ 新鮮 とれたて

 

のし」、「お祝い」そして「アワビ」、、、。

ますます謎です。

その答えは歴史の中に隠されていました。

スポンサーリンク

それでは調べてみましょう。

古代、天皇へのご贈答にはアワビ!

古代の日本、奈良時代あたりに遡ります。

(すごい歴史がありますね)

当時の貴重な食料として「アワビ」がありました。

天皇家へのその貴重で高価な「アワビ」を祭りの際などに献上していました。

 

なぜアワビか?

古来、「アワビ」は長寿の効果があると考えられていました。

(これは中国からの考え)

よって、天皇家へのご贈答品としては、高価で貴重で長寿の意味を持つ「アワビ」が最適だったのです。

(ここでいう「アワビ」は干しアワビ)

 

なるほど、ご贈答には「アワビ」、これは分かりました。

 

しかしながら、「のし」とはどこから出てくるのでしょう?

 

「のしあわび」の誕生

そこで、人々は考えました。

 

アワビを伸ばしてみてはどうであろう?」と。

 

それは良い考えじゃ

 

ということで、早速、干し「アワビ」を伸ばしてみました。

 

いや、ちょっと待って。なんで伸ばさなければならないの?

良い質問です。

アワビを伸ばした理由

それは、一つのアワビから多くの「のしあわび」をつくるためでした。

なぜなら、あわびは高価なので、いかに節約できるかを考えた末の知恵だったのです。

人間考えれば何でも出来る!伸ばして伸ばして、長生きしよう!という意味も込められていました。

伸ばす時の道具「熨斗」

この伸ばす時に使われた道具が「熨斗(のし)」(アイロンのようなもの)というものだったのです。

 

なるほど、ココで「のし」が出てきました。

 

熨斗(のし)」で伸ばした「アワビ」の事を「のしあわび」というようになりました。

 

ではでは、「のしあわび」の「あわび」はなぜ消えてしまったのでしょうか?

これは、室町時代に答えがありました。

スポンサーリンク

「のしあわび」が「のし」になった理由

室町時代は戦争が絶えなかった武家社会。

後期には戦国時代へと流れて行きました。

戦争への出陣の際、戦勝祈念して縁起物の「のしあわび」を儀式として食べたのです。

 

その時、戦に行く直前ですから、当然意気揚々としています。

 

そこで「のしあわびを持てい!」というのはちょっと長ったらしかったのでしょう。

のしを持てい!」といえば、なんか引き締まりますね!

 

そうして、「のしあわび」のことを「のし」というようになりました。

 

アワビ」が天皇のご贈答品に用いられ、伸ばしたアワビを「のしあわび」といい、

武家社会で「のし」になった流れは分かりました。

 

では、現代の「のし」のどこにその名残があるのでしょうか?

冒頭に申し上げたように、、、

現代の「のし」は?

のしあわび

画像の右上にある赤い⭕の中を見てください。

赤い袋に包まれている物。

ここに「のしあわび」がありました。

今までの日本人の風習が今の日本人にも語り継がれていますね!

 

しかし、贈り物でものしをつけない場合があります。

最後にご紹介しておきますね。

のしをつけない場合

1、海産物を贈り物として贈る時は、「のし」はつけない。

→海産物が重なってしまうためです。

2,贈り物の代償を求める身勝手な気持ちを込めた贈り物には「のし」はつけない。

→本来は天皇への納め物のため、純粋な贈り物の時に使用する。

 

歴史を紐解くと、意味があるのが良くわかりますね。

まとめ

1,アワビは天皇へのご贈答品。

2,アワビには「長寿」の意味がある

3,アワビを「熨斗」で伸ばしたものを「のしあわび」という

4,武家の社会では「のしあわび」を「のし」といった

5,「のし」を現代も、のし紙やのし袋として添えられています。

 

贈り物をする際には、こんなのしの由来を思い浮かべてみてはいかがでしょうか?

きっと、神聖な気持ちになりますよ。