「兵糧丸」と言えば?

戦国時代、戦へ持っていく携帯できる食事のことを言います。

現代風に言えば、「カロリー○イト」みたいなものでしょう。

「サプリメント」と言っても良いかも知れません。

画像で見ると?下のようなものです⇓

きなこにまぶした団子のようなものです。

しかしながら、なかなか栄養が有り、保存も効くので、戦国時代の武士たちは、

長丁場の戦争で重宝したものです。

 

家によって様々な種類があるようです。

武田家は鰻の白干しが入っていたり、上杉家は黒大豆が入っていたりと

バリエーション豊か!

 

「兵糧丸の類を腰の小袋に貯えておくのも、各自の才覚なり」と上杉謙信の軍記には

書かれているようです。

携帯食を持つことが、推奨されていたのですね!

 

今回、この戦国時代武士たちが携帯した「兵糧丸」なるものを、実際に作ってみました!

※参考にしましたのは、「武将メシ」という宝島社から出版されている本です。

それでは早速作って、そして食べてみましょう!

「兵糧丸」を作ってみた!

現代版「兵糧丸」の材料は?

「兵糧丸」材料

※兵糧丸5つ分

○小麦粉・・・20グラム

○きな粉・・・20グラム

○白玉粉・・・20グラム

○そば粉・・・20グラム

○すりごま・・・20グラム

○砂糖・・・15グラム

○料理酒・・・5グラム

○水・・・40グラム(10グラム×4回)

です。

それでは早速作ってみましょう!

「兵糧丸」レシピ!

1・材料をボールに入れる

「小麦粉」「白玉粉」「そば粉」「きな粉」「すりごま」「砂糖」「酒」

をボールにすべて入れる。

 

2.水を入れてしっかりとこねる

水を10グラムずつ4回に分けながら入れて、しっかりとこねる。

(小さな団子が出来たら、それに粉を絡めて大きな団子を作るようにしてこね続ける)

(粉っぽくなく、べとつかない程度)

 

3.直径5センチの団子状に丸める

生地をそれぞれ直径5センチほどの団子に丸める。

(だいたい5個の団子が出来ます)

4.30分ほど蒸し器で蒸す

蒸し器で布巾に包み、蒸すのですが、無ければ、クッキングペーパーの上においた

団子を簡易蒸し器で蓋をして蒸すのでもOKです!

沸騰したら、中弱火で30分、団子の中までしっかり蒸しましょう!

 

5.きな粉をまぶして完成です!

蒸し上がったら、きな粉をまぶして完成です。

※長期保存する場合は、一日天日干しして乾燥させましょう!

そうすれば、戦に持っていくことが出来ます笑

味は?

早速食してみました!

川中島の戦いなどを想像しながら・・・

関連記事:謙信公対信玄公 川中島の戦い 陣中食は何を食べていた?

 

「もぐもぐ」「もぐもぐ」

うん!ちょっぴり団子色が強いかなって思いましたが、

食べていくうちにしっとり味わいが出てきます。

結構腹持ちがしそうで、食べごたえが有りました。

 

現代版は、砂糖も入っているので、甘く食べやすかったです!

兵糧丸の栄養効果!

食べるとどれだけの効果を発揮したのでしょうか?

 

科学的には、一粒から三粒ほどが一食分と言われています。

 

なかなか持ちますねええ!

 

それではその根拠を見てみましょう

炭水化物系(白玉粉・小麦粉)

こちらの粉は、炭水化物を多く含んでいます。

炭水化物は、体内でブドウ糖に分解されて、体や脳が働くエネルギー源になります。

重い鎧を背負い、槍や刀を使いこなす戦国の武士たちは、相当なエネルギーを消費します。

 

それを補うためには、炭水化物によるエネルギーが必要不可欠ですね!

 

ビタミン系(そば粉・すりごま)

エネルギーだけでは、体を最大限効率よく動かすことは出来ません。

ここでそば粉に含まれる、「ルチン」が役に立ってきます。

血管を丈夫にし、血圧を安定する作用があるのです!

血圧を安定させることは、過酷な条件の運動には必須となってきますよね。

 

また、「すりごま」に含まれるビタミンB1は、糖質を分解する酵素の働きを助け、

体内のエネルギー効率を高めてくれるので、疲労回復にも役に立つわけです。

皮膚や粘膜の健康維持する役割もあるようですから(脂質「脳の材料」やタンパク質「細胞の材料」も含まれます)、傷が絶えない戦場でのサポートをしてくれるでしょう。

必須アミノ酸(きな粉)

最後にきな粉に含まれる「トリプトファン」という必須アミノ酸は、幸せホルモンと

呼ばれる、「セロトニン」の材料となり、ストレスを軽減し、精神を安定してくれると言います。

 

戦場は、死と常に隣り合わせ。

緊張感、危機感は半端ありません。

そんなプレッシャーを少しでも軽減できれば越したことはありません。

 

きな粉はそんなサポートを期待できると言えるでしょう!

最後に

戦国時代の携帯食、「兵糧丸」について見てまいりました。

実際に作ってみましたが、腹持ちも良く、スタミナを欲する場面では、現在でも

使える食事だなと思いました!

 

食べながら、戦国時代の思いに浸るのもまたよろしいかと!

関連記事

映画「関ヶ原」岡田准一が演じた石田三成公と食べ物!

織田信長公の桶狭間の戦い直前の勝負メシ「湯漬け」「焼き味噌」!