伊直虎公が井伊家の財政立て直しの為に目をつけた
木綿栽培。

果たして、その判断は正しかったのか?

その当時、木綿の需要はあったのでしょうか?

スポンサーリンク

木綿事情を観ていきましょう!

木綿といえば綿。衣服に使用するものですよね。

戦国時代は今まで主流だったのは「麻」でした
通気性があってメリットも有るのですが、
保温性がないため、冬の時期など体温調整が
できずに苦労されていたのだと思います。

そこで、現れたのが「綿」です。
(もちろん以前から存在はしていたが、
超々高級品でした)

保温性があり、吸水性あり、丈夫で、軽く、肌触り良い等
様々な機能を持った綿は一躍需要が広がっていきます。
衣服の他、旗、火縄などにも使われるようになります。

スポンサーリンク

綿と木綿のメリット・デメリット

素材綿
保温性
通気性
吸水性
耐久性
重量
肌触り
衣服以外の用途
値段高額安価

正に時代にあった材質といえるでしょう。

木綿の値段は?

戦国時代以前は超々高級品だったので、
価格としての価値も依然として高かった思います。

例として、江戸時代初期には、綿ふとんが30両した
と言われています。

1両=20万円くらいなので、布団一枚、600万円!!

詳しい貨幣の価値をご紹介した記事はこちら⇓⇓

戦国時代の貨幣を現代の価値に直して見ました!

これは売れればがっぽりいけますね!
本当に良いところに目を付けられたと思います!