ーぐるめぐる季節の中で♫♫

最強戦国武将と呼び名の高い、越後(新潟)の上杉謙信公ゆかりの地を今回ご紹介していきたいと思います。

こちらのランキングでは5位です→有名戦国武将人気ランキング!明智光秀は何位?

まずは、戦国時代に生き、越後の龍と呼ばれるほどに強かった、

上杉謙信について見てみましょう。

上杉謙信とは?

生涯70戦ほど戦をして、大きな敗けは一度もなかったという、伝説を持つ戦の天才です。

 

生涯のライバルであった、武田信玄も、「日本無双之名大将」と評していました。

コラム:上杉謙信の身長は!?

ゲーム戦国無双などでは、結構大柄な武将として描かれていますが、実際の身長は156センチほどで、それほど大きく無かったのです。甲冑の大きさなどから予測されるのですね。

参照記事:戦国武将の身長低い順ランキング5選!現代人と比較してみた

 

戦の天才・上杉謙信

領国は越後(新潟)で、関東管領という、関東を管轄する役職を足利幕府から与えられていました。

戦の強さと上杉謙信の考え方による所が、関東管領を任された大きな理由でしょう。

特に野戦では、神がかり的な強さを見せつけていました。

 

とにかく「義」のためという、他の戦国大名とは一線を画する独自の考え方に

基づいた行動を貫いた戦国武将!

 

つまりは、救援を要請されるとそれを断るという選択肢を持たず、

決して見殺しにすることが出来ず、助けに行けるお人というわけです。

 

なので、活動範囲は関東から信濃、越中(富山)と広範囲でしたが、救援要請があれば、

端から端まで移動し、雪の山を越える強行的な移動も何度か行っているほどです。

 

特に、甲斐(山梨)信濃(長野)の戦国大名・武田信玄や、相模(神奈川)武蔵(埼玉)の

戦国大名・北条氏康たちと熾烈な権力争いを行ってました。

 

特に武田信玄との川中島の戦いは有名ですね。

参照:謙信公対信玄公 川中島の戦い 陣中食は何を食べていた?

内政面もピカイチ

経済面の目の付け所も鋭く、金山を開発し、カラムシという植物から取れる繊維を流通させたりして莫大な利益を稼ぎ出していたのです。

参照記事:酒豪上杉謙信公お酒にまつわる逸話!越後と京都の日本酒?!

この資金があったからこそ、しょっちゅう戦を出来たのでしょうね。

 

また、お酒がお好きなことでも有名で、剣豪将軍足利義輝とは一緒にお酒を飲まれる仲だったよ

うです。

 

そんな上杉謙信も、病には勝てず、脳溢血でぽっくり亡くなってしまいます。

49歳でした。

 

 

と、上杉謙信のことを、サラッとご紹介しましたが、彼が祀られている神社が新潟県にありますのでまずは見てみましょう!

 

春日山神社・上杉謙信公を祭神に祀った神社

この神社は、山形県米沢市にある上杉神社(上杉謙信が祀られた神社)から分霊されました。

 

なぜ、いきなり山形県が出てくるのか疑問に思われたかと思います。

それは簡単に言えばこういうことです。

なぜ山形に上杉神社か?

上杉謙信が亡くなった後を継いだのは上杉景勝でした。

 

その後石田三成をリーダーとする西軍と、徳川家康をリーダーとする東軍が、関ケ原で

天下分け目の戦いを起こしますが、

その時、上杉景勝は、西軍に付き、そして西軍は敗北してしまうのです。

勝利した東軍リーダー徳川家康の命令により、山形に国替えさせられてしまった、

とそういうわけです。

参照記事:映画「関ヶ原」全記事一覧掲載!まとめ・まるごと見て!

山形に移っても上杉謙信は神のごとく崇められたのです。

 

 

では、神社を作った人は誰だったのでしょう?

春日山神社を創建した人は?

創建した方は、日本のアンデルセンこと童謡作家の小川未明さんの父です。

また、日本近代郵便創設者の一人、一円切手の肖像、「郵便、切手、葉書」

の名称を定めた前島密さんが援助されたといいます。

さすが、著名な方が関わっているのですね。

軍旗は「毘」

境内の記念館には、「」の軍旗や遺品が展示されています。

因みに「」は「毘沙門天」の略で、毘沙門天とは、仏教における

天部の仏神で四天王の一角を成す武神であるといいます。

(中国では、帝釈天の配下にいて、夜叉や羅刹と言った鬼神を部下に持つ武神)

 

強そうですね!軍神と言われた謙信公にはぴったりです!

地図

 

次は、林泉寺です。

出典:旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

長尾家の跡継ぎ争いに巻き込まれる前、四男だった謙信公は、

ここ、林泉寺に7才から14才まで預けられました。

 

名僧、天室光育(てんしつこういく)に厳しく育てられました。

戦国武将の中でも、教養が高く、信仰心が厚いのは、

この7年間が強く影響していると言えます。

少年時代の教養はその人の人生に深く影響をあたえるということを学びます。

私も子供が下が6歳、上が13歳で今本当に大事な時期を過ごしている真っ最中なので、心して関わらなければならないと思う次第です。

 

林泉寺の惣門(正門)は、なんと春日山城からの移設された門(搦手門:有事の際に外へ逃げれるように設けた門)だそうです。

現存する唯一の春日山城の移築物です。浸っちゃいますね!

 

さらに、境内にある宝物殿には謙信公が書いた山門に掲げられた扁額(横に長い額)「第一義」と「春日山」の2つが展示されています。

第一義と書き記すのはいかにも義を重んじた謙信公ならではだと思います。

裏切りが多い戦国時代の真っ只中、義を貫きつつ戦国時代を生き抜いたその姿勢は本当に尊敬に値します!

地図

スポンサーリンク

さらに春日山城をご紹介します。

日本100名城 城 城郭 春日山城 蜂ヶ峰城 本丸跡 新潟県 上越市

上杉謙信公の居城です。

山城で、周りは多くの砦が有り、それと連携して防御を固めていました。

天守閣や石垣、瓦などが発掘されていないことから、自然を要害として築かれた難攻不落のお城です。

名前の由来は、春日大社からの分霊を祀っている春日神社があることからその名前がついたとされます。

 

山を歩き、本丸跡から景色を眺めると、謙信公はここから何を想い何を夢見ていただろうと頭がクラクラしてきます。

 

ここの屋敷で、直江兼続公とお酒を飲み、干物をつまみながら越後の将来でも語り合っていたのでしょう!

(春日山城へ行く前に、春日山城史跡・上越市埋蔵文化財センターに寄って行きましょう。知識を得ることで10倍楽しめますよ!)

地図

最後に

越後の龍、上杉謙信にゆかりのある地をご紹介しました。

現在もなお、崇拝されるのは、やはり、「義」を貫いたその生き様にあるのだと私は思います。

何事も一貫性があることは美徳です。

なぜなら、貫くことっていうのは相当難しいことだからです。

もちろん、上杉謙信も若い頃は相当迷ったことでしょう。

妻を持たず、家出もする、、、。

 

しかし、大人になってからの上杉謙信は、義の道一本です。

見習うべきところはしっかり見習わせていただきます!

関連記事

上杉謙信公をもっと知りたいなって思った方は、こちらの記事もお楽しみになれる内容になってます!