大河ドラマや、歴史小説、歴史の映画を見ていると、「石」という言葉が出てきます。

例えば、大河ドラマ「西郷どん」では

西郷隆盛の給料が41石(よんじゅういっこく)だったりと出てきます。

また、100両を借金をする場面もあるのですが、その価値ってどれほどなのでしょう?

まずは基準として1石(いっこく)とはどのような単位で、価値があり、意味があるのかを調べてみました。

表にしてみましたのでご覧ください

スポンサーリンク

江戸時代後期から幕末の一石の価値変換表

全て一石を換算してみました!

単位 江戸後期(天保)価値(現在のイメージ) 幕末(万延、慶応)
10斗 油の一斗缶✕10缶
100升 一升瓶✕100本
重さ 150キロ 体重50キロ✕3人
広さ 1反 991平方m(33m✕33m)
広さ 広さ300坪 畳600枚分(1坪畳2枚)

平均的な戸建て10件分位(30坪✕10)

米俵 2,5俵 米俵✕2.5個(150キロ)

(ちなみに現在の半分以下の収穫)

米俵1個(30キロ)
米価 米価1両 63000円(5キロ=2100円計算) 12600円
金1両 19000円(18K=約3200円計算) 7000円
人(扶持) 1人 1人(当時の成人男子年間の米の量150キロなので) 0,4人
労働賃金(大工)(両) 労働賃金1両 32万円(23人分) 60000円程
食べもの(そば)(両) 食べ物(そば)1両 20万円程度(6500文、一杯16文)(406杯) 12万程
傘1両 13000円(26本)(一本500円計算

※数値は、目安としてご覧ください。

※価値は、現在の値段を当てはめています。

 

西郷隆盛の給料41石(年収)はいくら?

西郷隆盛の似顔絵イラスト

西郷隆盛が産まれたのは江戸後期ですが、そこから幕末にかけて相当米や金の価値が下がっています。

西郷隆盛26歳のときの仕事は郡方書役助でしたが、その給料41石はいくらか?

一石が物が変われば価値、値段も変わっていくので一概には言えませんが、金と米の価格から換算してみましょう

年収 米換算 金換算
江戸後期 516、600円(約51万) 779、000円(約78万)
幕末 258、300円(約25万) 287、000円(約28万)

いやあ、相当少ないですね。

しかも、鹿児島は米があまり獲れませんでしたから、米の価格は更に高く、手に入れるのはかなり厳しかったでしょう。

西郷家が借金した100両の価値

西郷家が貧しさ極まって、栄養失調が原因で病気になった西郷隆盛の弟のまだ幼い西郷従道の治療代などを工面するために、西郷隆盛の父は借金をします。

その時の金額が100両でした。

これも表にしてみましょう。

1両=一石で計算です。

米換算 金換算
江戸後期 630万 190万
幕末 190万 70万

借りた時より三分の一ほどに価値が下がっています!

借りても価値がどんどん下がったこの時期、あっという間にかりたお金は底をつき、返せず、

借金が残ったしまったようです。

奄美大島での扶持は?

奄美大島で扶持が18石だったりします。

これは、幕末の一石12600円の米価を18倍すると

22万6千8百円になります。

隠れているだけでこの米価分をもらえるならば良いのでは?

 

 

まとめ

こうしてみると、一概に現在の価値を単純に当てはめることは出来ないとしても、大体のイメージは湧くと思います。

特に、価値が下がっていく局面は、結構厳しいですね。

一石の価値、参考にしていただければと思います!

大河ドラマ「西郷どん」のまとめ記事

大河ドラマ「西郷どん」のより色んな情報を取り揃えました。

下の記事も是非ご覧くださいね

大河ドラマ・西郷どん(せごどん)のネタバレまとめ!西郷隆盛は~