戦国時代の名門、武田家終焉の地、最期の地はどこ?

答えは

天目山景徳院」にあり!!!

です。

 

今回は、武田勝頼公が無念の最期を遂げたそのストーリーと、勝頼公夫妻と息子、家臣たちが祀られている景徳院について調べてみたいと思います。

戦国時代最強と言われた騎馬隊を父武田信玄公から引き継いだけれど家臣団をまとめきれず、最後滅亡へと転がり落ちた悲劇の武将の話は涙なくして語ることができません。

関連記事→武田信玄まとめまるごと!戦国最強軍団親分の全記事一覧!

それでは行ってみましょう。

 

武田勝頼公が織田・徳川連合軍に追いつめられる!!!

簡単に流れを見ていきましょう。

●勝頼公の父、武田信玄公が西上作戦(京を目指して進軍し織田軍をせん滅する作戦)の途中で死去します。

●その後武田家の跡を事実上継いだ信玄公4男の勝頼公は意欲的に戦を進め、一時は武田家最大の領土まで拡大しました。

関連記事→武田勝頼公!悲劇の戦国武将の生き様!そこから学べる2つの事!

●しかし長篠の戦いで織田・徳川連合軍に敗れてからは一気に立場が悪くなり、織田・徳川軍からの攻勢により劣勢になっていきます。美濃岩村城主の秋山虎繁公が木曽義昌の援軍を得られずに処刑されたのもこのころです。

 

●周辺の外交(北条氏との同盟を結ぶための政略結婚の相手が勝頼公の妻、北条夫人です)により危機的状況を回避しようとしますが上杉家のお家騒動での立場に失敗し北条家を敵に回してしまうなど失敗が続きます。

●内々でも、勝頼公が織田軍に攻められた高天神城への援軍を出せずに結果的に見捨てたことは、武田家への信頼が大いに揺らいでしまった出来事でした。

高天神城

●さらに織田・徳川軍との戦いや、新たに居城として築いていた新府築城への多大な費用を埋め合わせるため、多くの年貢や労役を領民、領主に課していました。結果、領国内の人の心すらも離れていきました。

 

●浅間山が噴火したことも天から見放されたと武田軍の動揺を誘う原因となりました。

浅間山

●決定的なのは、外戚の木曽義昌が勝頼公を裏切ったことでした。義昌は信玄公の娘、すなわち勝頼公の妹を正室にめとっていたのにも関わらず、勝頼公の圧政や将来性の危惧により織田家に寝返ります。それに激怒した勝頼公は義仲の一族を新府城で処刑し、さらに木曽義仲の本拠地へ侵攻を始めます。これに反応した織田信長は天皇の勅命を受け、正式に武田家征伐を始めることになるのです。

●織田軍の猛攻に勝頼率いる武田軍は鳥居峠の戦いで木曽義昌に敗れ、徳川や北条の攻撃により南信濃、遠江、上野方面の戦でもことごとく逃亡、敗北。急速にその領地を奪われていきました。

●武田24将穴山信君(勝頼公の娘と自身の嫡男の婚姻についてもめていたことから恨みがあった?)が徳川家康と内応していたことも武田家から離反を促した大きな原因となりました。

関連記事→武田二十四将一覧!戦国最強家臣団の猛将達を分析

●唯一高遠城にて勝頼公の弟、仁科盛信公は激しく抵抗し、最期まで織田軍にたてつきましたが、打ち取られ京都にてさらし首にされてしまいました。

 

●まったくもって不利な状況となった勝頼公はまだ未完成の新府城に火をかけ、1000人足らずの軍勢で小山田信茂公の居城岩殿城へ向かいます。

新府城

(真田昌幸縄張りで折角建てたお城も短命でした・・・)

岩殿城

(難攻不落の岩殿城!もしもここに立てこもれたらどうだったのでしょう?なんて歴史にIFはないですけどね)

●勝沼の大善寺で小山田信茂が裏切ったことを知ります(大月地域の領民を戦火から守るためといわれています)。手勢は200人行かないくらいに減っていました。

(武田滅亡記を記した理慶尼と勝頼公一家は一晩を共にしています)

●行き場を無くした勝頼公は天目山の武田家祖先ゆかりの積雲寺を目指します。

●さらなる家臣の裏切りなどもあり、積雲寺までたどり着けず、途中引き返し田野にて息子信勝公の元服式(楯無の鎧を譲る儀式)を行います。

景徳院

(信勝公のりりしいお姿がまぶしい!!)

●その後、土屋惣藏による片手千人切りと伝わる壮絶な戦いもこの時におこりました。

(石碑がものものしく悲しげに建っています)(相当な崖です。壮絶さが脳裏に焼き付いて離れません)

●武田家最期の戦い(四郎作、鳥居畑の戦い)が繰り広げられ、家臣たちはこの最後の戦いでほぼ全滅します。(3日で多くの兵士の血が流れたことからその谷川は三日血川と名付けられ、今は日川と名を変えて残っています。

●裸足で血だらけになりながら最後までついてきた女たちも川に身を投げ自害しています。そこは姫ヶ淵と名付けられています。

姫ヶ淵

 

●そしてついに田野の景徳院がある場所で勝頼公たちは自刃します。

●一説には最後まで勝頼公たちを守っていた土屋惣藏が討ち取られ、疲労と飢えで憔悴しきった勝頼公も伊藤永光という兵士によって討ち取られてしまったというところが織田方の記録には残されているようです。信勝は鉄砲で撃たれてしまったとか?

 

それでは勝頼公たちを弔っている景徳院へ行ってみましょう。

景徳院

武田滅亡後の領地を引き継いだ徳川家康公によって勝頼公たちを弔うために建立されたお寺です。

境内には勝頼公のお墓をはじめ、まつわる遺跡などが残されています。

景徳院

 

武田勝頼公の墓

まずは武田勝頼公のお墓です!!!

右が相模の国から嫁いだ北条夫人(北条氏康の6女)で、左のお墓が嫡男信勝公(実母は織田信長の姪にあたる龍勝院ですでに他界していました)

夫婦と息子と3ショット!

眺めるだけで哀愁が漂ってきます。

後ろの石垣もなんだか情景をさらに濃いものにさせてくれる気がします。

 

そしてそして次に勝頼公たちが最期自害して果てたとされる生害の石です。

勝頼公たちの生害石

勝頼公はこの石の上に座って命尽きたとされています。

(勝頼公の生害石)

松の脇で自害して果てたようです。

この松は当時のことをありありと語ってくれているような気がします。

37歳というまだまだ働き盛りの真っただ中の無念の死でした。

(北条夫人の生害の石)

枯れた大木がより寂しさを引き立たせてます・・・。

(嫡男、信勝公の生害の石)

まだ16歳の信勝公は武田と織田と諏訪の血を引き北条の教えも混ざるサラブレット!将来が楽しみであったなあ!

 

勝頼公たちがこれらの石に座り自害して果てたことを想像すると、胸がはちきれそうになります!

山奥の人気のないこの地に、最後まで落ち延びた主従3.40名ほどの者たちの泣き叫ぶ声が木霊します。

「ううっ」

血の匂いがあたり一面に漂いそうです。

家臣たちを祀った墓

主従たちは両脇の碑に祀られていました。

薬袋小助墓

ここに勝頼公に最後まで付き添い戦った私の祖先、薬袋小助も祀られているようです。

関連記事→薬袋の読み方は「みない」レア名字の由来は武田信玄か浅利氏か地名か【徹底調査】

小助は信勝か勝頼公の馬引き?をしていたようですが、どんな思いで主君の死を見届け、そしてどんな思いでなくなっていったのでしょう???

思わず天目山の空を仰ぎみずにはいられませんでした。

首洗い池

近くには勝頼公たちの首を洗ったとされる池があり、このせせらぎを聴いていると、涙が出て気が遠くなりそうです。

胴洗い

(三人の魂がここから確実に旅立っていったように思うと何とも言えない気持ちになります)

没頭地蔵尊

勝頼公たち3名の頭の無い胴体だけの遺体が埋められたといわれています。

没頭地蔵尊

(勝頼御一家の簿冥福を心よりお悔やみ申し上げます。)

辞世の句

3人が詠んだといわれる辞世の句が残されています。

3句それぞれにはかなく、壮絶な句であるなと感じます

勝頼公の句

辞世の句

3月の月夜の夜。はかなさ、むなしさを超絶に痛感させる句であります。

無念さを通り越して達観した心持なのかとも感じられます。

遠い目をした勝頼公が目に浮かぶようです。

北条夫人の句

口惜しさがにじみ出るとともに、悲しみの渦の中にのみこまれてしまいそうな悲劇の句。

願いが叶わなかった想いが天にも昇るくらいの勢いでどこまでも駆け巡るかのように感じられます。

涙にくれながらの最期だったと想像します。

辞世の句

信勝公の句

桜が咲き散っていたのか?

春の夜の暗闇の中、ほのかなピンクが舞い散る様が襲い掛かるように勢いよく見えます。

若さゆえのエネルギッシュあふれる力がみなぎっているかの如く。

ゆえに散り方も激しくそしてはかなく感じます。

辞世の句

まとめ

武田家終焉の地を巡ってみました。

巡るところすべてが悲しく、考えさせられることばかりでした。

無念さや悲しさや辛さなど、いろんな思いが渦巻いているように感じました。

ぜひとも天国で安らかにご家族ともにお過ごしくださりることをお祈り申し上げます。

 

ちなみに本流は断絶しましたが、信玄公の血筋、武田家としては、盲目だった勝頼公の兄の子孫が今もつながっているようです。