こんにちは、南昌幸です!

 

今回は、戦国武将・大名たちの食事はどんなものか?

その疑問を晴らすべく、調査していきたいと思います!

それでは、戦国時代へいざ出陣!!!!!!(タイムスリップ)

 

 

来ました来ました戦国武将の食卓にやってきました!

何を食べているのでしょうか???

 

主食は玄米(黒米・赤米も)!

まず、主食は何でしょう?・・・ご飯ですね🍚

しかし、白くないですよ。

オー。あれは、いわゆる玄米ですね☺

さらに赤米なども流通していたようですね。

というのも、赤米は関税も安くてお得なのだそうです。

赤米 普通米
一石(150キロ)あたりの税金 10~15文 9~10文
現在の価格で 500円~750円 450円~500円

関連記事:一銭・一文いくら?戦国時代の現在物価を表で調べてみた!

一石いくら?戦国大名たち石高一覧!一位徳川家康公

上限が500円ならいいですねえ。

 

味は?

伊達政宗公は言っています。

朝夕の食事うまからずともほめし食うべき!

いう感じですね。

武士の嗜みとして、不味くとも美味しいと言うように心がけていたのですね。

ということは、裏を返せば・・・。

 

黒米の味は?

黒米は、塩を入れて炊いた、という記録が残っています。

って、ことは、普通に炊いた米のみでは食べれなかったことを意味しています。

「美味」というわけにはいかなかったのでしょう。

 

しかし、加藤清正公は、

食事は黒米たるべし!

といっております。

 

「質実剛健」

武将の主食は、正にこの言葉を地で行く

感じだったのでしょう。

赤米はどうだったでしょうか?

赤米の味

また、赤米も外国(朝鮮通信使)の方はこのように言っています。

「日本の将以外の者は、赤米を主食とする。赤米は、喉を通らないほどまずく、

稲米の最悪のものなり」と。

かなり、お口にあわなかったようですねえ。

スポンサーリンク

栄養価は?

味は、なかなか渋い評価でしたが、その栄養価の方はどうでしょう?

 

実際、黒米は、栄養価(ビタミンBなど多く含む)はとても高く

現代も、美容や健康食として取り入れられているくらいです!

赤米も、粘着性が無いため、そのまま食べるのはかなりキツイですが、

それは、アミロースやタンパク質を多く含むからです。

 

量は?

それでは、どの位の量を食べていたのでしょう?

朝夕の一日2食と言われています。

一回2・5合(炊くと約900グラム、お茶碗で5杯分位になります)を平らげます。

 

関連記事:米一升は何キロ?武将たちは一日で米一升食べた?!語源は?

 

おお!結構行きますねえ。

しかし、この主食が、戦国の世を乗り切るための活力源と

なっていたのは間違いありませんね!

 

麦飯は?

また、安価で農民の主食であった麦飯をあえて食べていた大名もいます。

徳川家康公や、豊富秀吉公などです。

 

徳川家康公が岡崎城の城主だった頃のお話です。

基本的に、家康公はじめ、家臣一同麦飯を

食べていたそうです。

 

そんな折、側近が気を利かせて高級品である白米の上に麦飯を載せて

出した事があると言います。

側近は喜ばれると思いきや、家康公は、こう言って怒ったそうです。

戦国の世でわしが先ず倹約すれば、戦費の節約になるし同時に下々の者をいた

わることになるのだ!」と。

 

また、豊臣秀吉公は、天下人となり、なんでも好きなものを食べれるように

なってからでも、こういったそうです。

山盛りの麦飯がいちばんのごちそうだ!

 

天下を治める人は、食生活にもきちんと意味があるのでしょう。

 

味付けに味噌もね!

あと、麦飯に味噌をつけて食べたり、米を湯漬けにして、そこに味噌を入れてみたりと

味噌の味を絡めて食べていたようです。

 

味噌を絡めると、味的にかなり改善しますし、栄養価もさらに倍増します。

 

味噌を食べて育った織田信長・豊臣秀吉・徳川家康はいずれも出世しています。

味噌は、出世食と言えるでしょう!

関連記事:織田信長公の桶狭間の戦い直前の勝負メシ「湯漬け」「焼き味噌」!

戦国武将たちが飲んだ汁物は「糠味噌」「八丁味噌」

 

最後に

戦国時代の主食を見てまいりました。

今の時代では、健康食として取り入れられているくらい、玄米、麦飯は

とても優秀な食材だったようです。

昭和天皇も麦飯を主食とされていたようです

 

まあ、赤米と黒米はなかなかハードルが高いですが・・・。

 

 

関連商品

「戦国武将たちと同じ麦飯を体験されたくなったらぜひお試しください!」

それでは、御免!

関連記事

武将たちの食事に興味を持たれた方は、こちらの記事が楽しめる内容となっております!

織田信長公の桶狭間の戦い直前の勝負メシ「湯漬け」「焼き味噌」!

ニラ雑炊は石田三成の魂の料理!レシピ再現で味と効果は?

兵糧丸レシピ!作ってみた感想と効果は?しっとり美味しい!

 

おすすめ書籍

戦国時代に詳しくなるとゲームも更に楽しめます!

この本、なかなかおもしろい!