Pocket

戦国武将をこよなく愛す激務ファミレス店長の南昌幸です!

ブログにご訪問頂きましてありがとうございます!

 

このブログは、私が大好きな戦国武将の過去や、どんなものを食べていたのか?などを紐解いていくブログなのですが、、、、それ以外にも「戦国武将の個性心理学」というコーナーも行っています。

 

例えばこのような記事です。

大河ドラマ「おんな城主直虎」の井伊直政(虎松)公は「狼」タイプ。対応方法を伝授!

名だたる戦国武将を個性心理学を持って分析しました!

そしてその前に個性心理学ってなに?という所を紐解いて行きたいと思います。

 

この記事を書いたきっかけは、生まれながらに持つ皆さんの個性を、個性心理学の観点から分析し、

その特徴を知り、人間関係の向上にうまく活用して頂けたらと思い筆を取りました。

 

私のことを簡単にお話します

本題に入る前に少しだけ私のことをお話させてください。

個性心理学との出会い

私が「個性心理学」と出会うのは社会人なりたての頃、20台前半でした。

当時は「個性心理学」は「動物占い」と呼ばれていました。

 

私も例に習い自分の動物は何かな?と調べたら「こじか」でした。

こじか!?

一瞬「えっ」と思いましたが、まあでも

その時は、「こじかちゃんなんて可愛らしいなあ」

くらいの感想で全く深みにハマりませんでした。

 

それから時はたち、30歳後半の頃、この「動物占い」、本当の名前を「個性心理学」

についてお話を聴く機会がありました。

 

すると、占いと名付けられていますが、研究に研究を重ねた上になりったている学問なんだと

いうことがわかりました。

 

人の個性を知ることで、人との違いが明らかになり、その違いを理解した上で、

普段の人間関係に活かすことが出来れば、より良い生き方が出来るのではないか?

ファミレスのような労働集約産業での仕事で結果を出せるのではないか?と考えました。

 

個性心理学勉強スタート

そこで個性心理学の勉強をスタートさせました。

 

学びながらかつ実践することにより、人との違いを現実に経験することが出来ます!

 

それを頭で理解することで人間関係の向上に役立たせる体験が出来たと思っています!

 

すごい体験が出来、とてもラッキーだったと思います!

 

具体的に言えば、人前で叱ってはいけないタイプの人に、叱らず、

あとで、2人きりの時に說明するようにしたら、すごく納得してもらえ

問題を改善することが出来たのです。

 

一度さらっと学んで、実践しただけで効果が出たので、これは、もっと勉強すれば、

より効果が出るのではないか?と思い、さらなる勉強に励み実践してる次第であります!

 

戦国武将と合わせた理由について

本多忠勝の似顔絵イラスト

そしてもう一つのテーマ。「戦国武将」と言うのは、そもそも私が大の歴史好きなのです!

その中でも大好きなのがぶっちぎりで「戦国時代」です。

 

何故戦国時代かと言いますと、その時代は文字通り、

国と国とが生き残りをかけて戦う時代で、その生きるか死ぬかの時代に生きた

武将たちはとても個性が強く、色んなエピソードが有り、今の時代でも役に立つ事や、名言など

たくさん残して貰っています。

 

特に私が好きなのは、甲斐の国(現在は山梨県)の武田信玄公が好きです。

色々好きな部分はあるのですが、特に名言「いい加減だと愚痴が出る、中途半端だと言い訳が出る、一生懸命だと知恵が出る」という言葉が私の座右の銘にしてるほど好きなのです。

 

なので、そんなエッセンスを少しでも入れてお伝えできればお役に立てるかなと思いました。

 

そんな個性にあふれる武将たちを、この個性心理学に当てはめて

ご説明をしていくことでより理解が深まるかなあ、と思い始めたのです。

 

それでは、人間関係に効果ある、個性心理学の中身を紐解いていきましょう

個性心理学とは?

2つのベース

一つ目のベース「陰陽五行説に基づいた四柱推命学」

休暇 旅行 建物 風景 景色 川 海外 世界遺産 外国 絶景 歴史 寺 アジア 中国 外国風景 旅先 市内 桂林 中華人民共和国 広西チワン族自治区 国家歴史文化名城 水墨画 カルスト地形 グイリン 漓江下り

ベースになるものが2つあります。

ちょっと難しいですが、大事なところなのできちんとご説明していきたいと思います。

 

一つは、東洋哲学です。これは3000から3500年前の中国で形作られたものです。

すなわち、「陰陽五行説」です。

 

「陰陽五行説」の「陰陽」とは、自然界におけるすべてのものが陰と陽という対立した形で出来上がっていているという考え方です。

昼と夜、東と西、上と下、、、等ですね。

ですが、陰の中に陽あり、陽の中に陰あり、というように、

ただ単純に対立しているだけではないという所も理解しなければなりません。

 

2つは互いに消長を繰り返しながら、新たな発展を生むという考え方です。

 

五行説」とは、万物が木、火、土、金、水(もっかどごんすい)の5つの属性で成り立っていて、

それぞれ消長し循環することであらゆる現象が起きてくる、という考え方です。

 

その「陰陽五行説」を通して人の命(めい)を推察するのが「四柱推命学」です。

 

四柱推命学」とは、生まれた年、月、日、時の4つの要素と、実際の命運との関係性を

研究していったものです。

 

要するに、「陰陽五行説に基づいた四柱推命学」が一つ目のベースです。

なかなか難しいですが、理解して頂けましたか?

 

まとめますと、ここで必要な情報は、「生年月日時」です。

それを「四柱推命学」に当てはめていくだけで、

今までの研究結果の蓄積を使い、分類する事ができるというわけです。

 

そこで分かるのが、「家庭環境」「性格」「健康」「職業」「財」などです。

 

二つ目のベースは19世紀ドイツの性格学

外国 外国風景 海外 海外風景 ヨーロッパ 欧州 ドイツ ローテングルク ローテンブルク・オプ・デア・タウバー ロマンチック街道 バイエルン ミッテルフランケン アンスバッハ 建物 建築 建造物 外観 旧市街 歴史 西洋史 観光名所 観光地 旅行 町並み 街並 クリスマス くりすます Χマス Christmas Χmas イベント 行事 看板 飾り看板

心理学から性格を見極める方法が19世紀のドイツで盛んになりました。

それを「性格学」と言います。

 

その中でも、「類型論」と言うものを19世紀ドイツの心理学者が研究していました。

類型論がどんなものかと申しますと、まず性格を典型な幾つかに分類します。

そして、個々の人間が分類したどのタイプに当てはまるかによって

性格を見極めようとする方法です。

 

例えば、筋肉質、痩せ型、肥満型、の分類を性格に当てはめようとしたクレッチマー

生活領域の価値観の違いを分類にし、性格を当てはめようとしたシュプランガー

 

これらは、ある基準による違いを分類した時に、性格に一定の共通項があること

研究の結果導き出します!

この2つのベースを基礎に更に独自のデータを取り入れる!

ここから、更に10万人のサンプルを検証し、それを時代に適用するように、

個性分類を体系化していって完成したもの。103万通りの分類があります!

 

これが「個性心理学」です!

 

おわかり頂けたでしょうか?

 

個性心理学を戦国武将に当てはめてみますね!

スポンサードリンク

人間は、一人ひとり顔や性格が違うように、個性も違います。

その個性の違いを明らかにしていきたいと思います。

 

「分からないものを理解するために、分ける」という分類学の基本があります。

この基本に基づいて、人間の個性を「moon」「earth」「sun]

という3グループに分類してみました。

 

宇宙において、月と地球と太陽は、密接に関わり互いに影響を与え干渉しながら

完璧なバランスを取りながら存在しています。

 

これはとりもなおさず私達人間の日常生活でも同じです。

 

お互いの関係性を、グループに分けることで、個性の違いはもちろんのこと、

価値観の違いや、力関係の違いも分かるようになってくるんです!

 

なので今回、戦国武将を「moon」「earth」「sun」の3グループに分けて、

個性の違いを簡単に分類していきたいと思います!

 

1、moon(ムーン)グループで満月の人→人の心を照らします

moon(ムーン)グループで新月の人→出番待ちするところがあります。

2,earth(アース)地に足がついています。

3、sun(サン)  →いつも光輝やいています。

簡単ですが、特徴を載せてみました。

 

これを生年月日を元に、代表的な戦国武将を分類していくと、

1、moon(ムーン)グループで満月の人→徳川家康公、島左近公、

moon(ムーン)グループで新月の人→武田信玄公井伊直政公

2,earth(アース)豊臣秀吉公、島津義久公、

3、sun(サン)  →伊達政宗公

 

というふうに分類が出来ます。

 

例えば「徳川家康公は人の心を照らす」とありますが、

家康公は人を照らす特徴を持っているグループに分類される、ということなのです

 

この3分類というのは本当におおまかな分類になります。

 

こういった分類を他にも様々な視点から分類をしています。

例えば、仕事の役割、思考の分類、など、、、、。

そうすることで、より詳しく個性が明らかになってくるのですが、

詳しくは今後書いていきますので乞うご期待下さい!

他の武将も分析も気になる!という方は、以下の記事もお楽しみになれます!