薩摩藩に伝わる古代剣術、示現流!!

どんな剣術だったのでしょうか?

 

また、そのかけ声「チェスト!」はどんな意味があったのでしょうか?

そして、使い手にどのような人がいたのでしょう?

幕末の志士たちを震え上がらせた最強剣術「示現流」。

この剣術について調べてみましょう!

スポンサーリンク

示現流の歴史

創始者は東郷重位(とうごうしげかた)。

タイ捨流(頗る荒く、体を飛び薙ぎ立てる剣)を学んでいましたが、京都で天真正自顕流(一刀両断勇猛果敢)を学び、その2つの流派の良いところをを合わせ、創意工夫の上「示現流」を編み出したといわれています。

 

さらに、近江浪人の田中雲右衛門から「早太刀」の技を学び、さらに改良していったといいます!

初代島津藩主島津家久の御前試合で元々学んだタイ捨流の師範を破り、島津家久の師範役となるのです!

 

速さと荒らさと一撃必殺的なすごい剛の剣っていう感じがします!

 

 

この剣術に相まってよくいわれるのが、かけ声「チェスト!」です!

 

この「チェスト!」はどんな意味なのでしょうか?

スポンサーリンク

チェスト!とは?

様々な説があるんです。

◯胸の英語CHEST!→薩英戦争の際、薩摩人がイギリス人に対して、(胸チェストを目指してこい、かかってきたら切り倒してやる)と言ったところから来ていると言うもの。

◯かけ声で、「チェスト」という方言。(強人と言う意味)

◯「知恵捨てろ!」(何も考えず突っ込め!的な)気合い入れるかけ声と言うもの。

◯猿叫と呼ばれる奇声が「チェスト」と聞こえたからと言うもの。

◯漫画的に「チェスト」と描くのが受けが良さそう?

色々あります。

実際今も受け継がれる示現流のかけ声を聞いても「チェスト」ってちょっと聞こえにくいです。

どうですか?
気合いは十分ですね!
もっと荒々しいのかと思ったらそこまででは無いですね!

示現流の使い手は?

中村半次郎

人斬り半次郎と異名を持つ中村半次郎、またの名を桐野利秋が有名です!

中村半次郎は、西郷隆盛や大久保利通などと同じ町の生まれで、明治まで生き残こり、西南戦争で西郷隆盛と共に戦死する運命にあります。

様々な逸話が残されています。

幾つかご紹介しておきましょう!

伝説1

雨粒を軒から地面に落ちるまでに3度斬りつけ、鞘に収めたと言います。

早技は日頃の鍛錬の賜物。見習わなければ!

伝説2

薪を放り投げ地面に落ちるまでに8度斬りつけたと言います。

色々は試練を乗り越えて成し遂げられた技です!

伝説3

自分での修行の仕方が半端なく、木刀で毎日8000回専用の樹木を叩きつけていたといいます。太さ3,4寸(10センチ位)の樹木がことごとく折られていったと言います。

恐るべし執念。何が半次郎をそこまでさせたのでしょうか?それは、貧乏で、父が罪を受け、下級武士の身分で侮辱を受けたりしたことが原因でしょう。

伝説4

新撰組局長近藤勇に、「中村は相手にするな」と言わしめたといいます。

当時の有名な剣客に言わせるほどの実力を持っていたことを表します!

すでに全国クラスのレベルだったということ!

 

かなりのエネルギーに基づき修練されていたんだと思います!

その原点は、下加治屋町にあり!

元メジャーリーガー川崎宗則選手と「チェスト!」の関係

鹿児島出身のプロ野球選手で元メジャーリーガーの川崎宗則選手も「チェスト」を

かけ声としてよく使っておりました。

 

お立ち台からの観客を巻き込んでのパフォーマンスはテンション上がります!

その様子を少しご覧ください!

由来は、父親!

小さい頃から、「ムネ、チェストいけよ!」と声かけられていたいと言います!

(要するに、気合い入れていけよ!と言う意味ですね!)

気合いが入りますよね!この気合いに私もあやかりたいと思います!

 

最後に!

初太刀で勝敗をつけるとされた薩摩示現流。

荒々しい剣術同士が合わさって出来た一撃必殺の薩摩藩に語り継がれる剣術!

そして、そのかけ声「チェスト!」は結局のところ、正解は見つからなかったが、

発声をすることで、相手に恐怖を与え、攻撃も守備も出来ない状態にするのがうまい!

と思いました!