金もいらぬ 名誉もいらぬ 命もいらぬ人は始末に困るが、

そのような人でなければ 天下の偉業は為し遂げられない!

とは、西郷隆盛が山岡鉄舟を評価した言葉です。

山岡鉄舟

引用:Wikipedia

いやあ、相当いかついイケメンですね!強そ!

明治維新を為し遂げた西郷隆盛をしてこのように言わしめる山岡鉄舟という男は

どんな人だったのでしょう?

今回は、名言、逸話などをまとめながら、山岡鉄舟の人となりに迫ってみようと思います!

スポンサーリンク

山岡鉄舟青少年期(剣・書・槍を極める!)

山岡鉄舟

引用:Wikipedia

山岡鉄舟は江戸の武芸を重んじる蔵奉行の家に生まれます。

母が最強剣豪「塚原卜伝」の子孫ということで、鉄舟の血に大いに剣の才能が隠れていたと思われます!

参照:最強剣豪ランキングベスト10!戦国時代日本一は?

剣は神陰流、北辰一刀流を学び、書は弘法大師流入木道51世に学び、

槍は山岡家に忍心流槍術を学びます。

全て一流のところで学びそれを生まれ持った才能で身につけていった鉄舟!

ちなみに、槍を学んだ山岡家に婿養子に入り、山岡鉄舟と名乗っています。

 

この頃の所属は講武所(幕府の武芸訓練機関)にいました。

基本的に幕府側の人間でその後の人生を生きます。

そんな無敵に見える鉄舟も、中西一刀流の浅利義明には勝てず、弟子入りを果たしています。

とにかく強さを追い求めた青少年時代でした!

 

江戸城無血開城

山岡鉄舟が歴史の事件に名前が刻まれるのが、戊辰戦争の中で

日本の首都「江戸」が戦火に巻き込まれることを防いだ

奇跡の出来事「江戸城無血開城」でしょう!

参照:勝海舟と西郷隆盛との江戸城無血開城会談2日間!作戦は?

勝海舟とは?年表で解説!江戸城無血開城で150万人を守った男!

基本的には新政府側の西郷隆盛と旧幕府側の勝海舟の会談によって

江戸での大規模戦争は防ぐことができたのですが、

二人が会談する前に、山岡鉄舟が駿府(静岡)で西郷隆盛と先立って会っています。

旧幕府(元将軍徳川慶喜)は新政府軍に恭順(逆らわない)の意を示していることを伝えるための使者に山岡鉄舟が選ばれたのです。

 

この時の山岡鉄舟がまたかっこいいのです!

すでに朝敵(天皇の敵)になっていた旧幕府軍側の山岡鉄舟が単身、西郷の元に訪れた時、

「朝敵徳川慶喜家来、山岡鉄舟まかりとおる!」

と言って大声で堂々と新政府軍の警備する中を闊歩していったのです。

 

不利な状況は分かった上で、自虐的な部分もありつつ、認めていない部分もありつつ、

誇りは失わないといった様々な感情はあったのかも知れませんが、

敵に弱みを見せない凛とした姿を相手に魅せつけてやった感じです。男です!

 

西郷隆盛との会談で

さらにこれまたかっこいい逸話です。

この駿府での会談で、西郷隆盛から掲示された条件「●江戸城を明け渡す、●軍隊を向島に移す、

●軍艦を引き渡し、●兵器を差し出す」という条件は山岡鉄舟、飲むのですが、

「将軍慶喜は備前藩にあずける」という条件だけは拒みました。

 

西郷隆盛は、「これは朝廷からの命令でごわす!」と凄むのですが、

山岡鉄舟一歩も引きません!

 

その反論がこうです。

「もし、あなたの(西郷隆盛)の主君、薩摩藩主の島津公が、同じ条件で敵の藩に預けられるとするならば、

到底あなたは受けいれられないはずだ!」といった内容を理路整然と伝え、

それは、西郷隆盛に山岡の忠義の心と単身敵地に乗り込んできた勇気を鑑み、

きっちり伝わりました。

 

ギリギリの交渉ですね。

結果西郷隆盛はそれを受け入れ、江戸城無血開城につながることになるのです!

おお、山岡の熱意、伝わる!やった!

スポンサーリンク

明治維新後

戊辰戦争が終わり、明治維新がおきてからの山岡鉄舟はどうしていたでしょうか?

徳川宗家德川家達について静岡での仕事に就いたり、政治家として、静岡、茨城、佐

賀などの政務に就いたり、明治天皇の付き人になったりと様々な仕事を歴任しています。

その中で、色んな逸話が生まれました。

それをいくつか見てみましょう。

剣を教える

自らの道場「春風館」を開き教え、また、宮内庁内に「済寧館」という道場で教えていきました。

一刀正伝無刀流という流派を立ち上げました。

 

精神修養に重きをおいている山岡鉄舟の考え方は、近代剣道の理念にも大いに影響を与えています。近代剣道の父といえるでしょう!

武士道という言葉を作る

神道でも儒教でも仏教でもない、この3つが融和して出来た思想であり、中古の時代から

主として武士の階層において、著しく発達してきたもの」と定義しています。

禅に通じていた山岡鉄舟が24歳の時に作ったとされています。

鉄舟が考えたのなら納得です。

清水次郎長との付き合い

清水次郎長

引用:Wikipedia

山岡鉄舟が静岡の副知事をしていた頃、旧幕府の軍艦「咸臨丸」が静岡清水港に反乱軍として

入港した時、新政府軍は攻撃を仕掛け、旧幕府の士達を惨殺した事件がありました。

 

その後、旧幕府の士達の遺体に始末を反乱軍に加担したと見られるため誰も手を付けられなかったところ、港の警備を任されていた有名な任侠・清水次郎長は集めて埋めました。

山岡鉄舟が清水次郎長に事情を聞くと、「死ねば仏だ、仏に官軍も賊軍もあるものか」と

即答!

ここにも男がいました!

山岡鉄舟は唸り、清水次郎長との付き合いは長く続いたと言います。

(賭博で逮捕された時罪を軽くしたり、割烹屋を開くにあたって鉄舟の書跡のある扇子1,000ケを引出ものとしてあげたり)

同じ匂いがしますものね!

明治天皇の手土産は味付け海苔

明治天皇が京都に行くときの手土産について、山本海苔屋二代目と相談の末、

味付け海苔を考案しました。

言うなれば、味付け海苔が現在あるのは山岡鉄舟のおかげとも言えるわけです。

書としてもいくつかの商品には鉄舟の文字が使われています。

 

木村屋のアンパン好き

木村屋の初代がアンパンを売り出したのは、明治7年ですが、その翌年

旧水戸藩下屋敷に訪れた明治天皇にアンパンを紹介し、食してもらったのは

天皇の付き人をしていた山岡鉄舟のおかげです。

銀座木村屋の看板は、山岡鉄舟の書であります!

木村屋

引用:http://www.kimuraya-sohonten.co.jp/shoplist/detail/honten

死に方も男です!

山岡鉄舟

引用:Wikipedia

明治21年、53歳で胃がんで亡くなります。

この時の死に方がまたかっこいいのです。

見舞客が訪れる中、

「そろそろだな」と言って、死に装束に着替え、数珠と扇子を持ち、懐にお経を入れ、

座禅を組み、皇居(江戸城)の方角を向いてそのままの姿で亡くなったのです。

伝説過ぎます!

最後に

幕末に幕臣でこれだけの肝の座った男がいた事は

日本の誇りです!

大河ドラマ「西郷どん」では藤本隆宏さんが演じます!

参照:大河ドラマ・西郷どん全キャスト表!出演者と役柄、独自評価!

江戸城が戦火にまみれなかったのは、山岡のおかげでもあり、

そのことで、日本は首都の機能を損なわずに新しい時代に入り、近代国家の

仲間入りを果たせたと考えると、山岡様、ありがとうございます!

と感謝の気持ちしかありません!