江戸幕府を開いた徳川家康公。
今回の大河ドラマでも重要な役どころです。

出典:Wikipedia

食べ物は、質素なものがメインで、
特に健康に気をつけていたようですね!

今でも充分に使える知恵が満載であります。
なんせ、平均年齢40歳台の中、
75歳まで生きたのですから!

そんな、徳川家康公が食べていたスイーツって
どんなものだったのでしょうか?

健康的なものだったのでしょうか?
甘さ控えめだったのでしょうか?

早速戦国時代にタイムスリップ
してみましょう!
Ḡo!!!!!

スポンサーリンク

 

安倍川餅


出典:Wikipedia

ドーン。いきなり出てきました!
これは、もちにまぶしてあるのは金粉ですか?
いやいや、黄(金)な粉ですね。

これは、有名な「安倍川餅」です。
江戸時代初期、笹山金山を視察した折、
安倍川岸の茶店に立ち寄ったときに
献上された和菓子です。

出典:「東海道五十三次~五葉が選ぶ広重の風景画 – 鹿児島県立図書館」HP

それを家康公は、大層喜ばれ、「安倍川餅」と
命名したそうです。
余程喜ばれたのでしょう!

生せんべい

出典:Wikipedia

スポンサーリンク

次に見えるのは何でしょう?
艶々してますねえ。

せんべいはせんべいでも「生せんべい」
です!

家康公が桶狭間の戦いの頃、
母親の元へ向かう途中、お百姓さんの庭先に
干してあったまだ生のせんべいを
そのまま食べたらとても美味しく、
お城にも献上させたと言われています。

「桶狭間画像」の画像検索結果

出典:yahooブログ『桶狭間の戦い』を行く -桶狭間古戦場伝説地

なんでも、八ツ橋やういろうのルーツと
言われています。元祖餅菓子です。

藤八柿

他には、「藤八柿」などがあります。
(イラスト)藤八柿3

出典:藤枝市ホームページ

関ヶ原の戦いへ向かう途中、
途次藤枝市の洞雲寺にて
藤八というお百姓さんが献上した
柿です。

あまりにも立派だったので、
藤八柿と名付けて戦地へ向かったそうです。

今も、長寿柿(家康公の長生きにあやかり)
などお菓子としても受け継がれています。

各地に出向くたびに、地方の名産を
世に登場させていく家康公。

こうやってどんどん取り入れていたから
お百姓さんや、商人さんなどからも
支持されていったのでしょうね!

 

徳川家康公をもっと知りたい!という方は、以下の記事でもお楽しみになれます!